ヴォーン・ウィリアムズ《チューバ協奏曲》のための研究ガイド


洗足論叢第46号が公開されました。今年は「ヴォーン・ウィリアムズ《チューバ協奏曲》のための研究ガイド」という小論を掲載いただいています。チューバ吹きには避けて通れないこの曲を分析、研究するための出発点となるような、基礎的な分析と関係文献について扱っています。ページ数の関係で譜例をあまり掲載できなかったのが残念。分析を通して、一見(一聴)民謡的な趣が支配するこの曲が、細部まで緻密に作曲されていることがよく判ります。
リンク先からPDFでご覧いただけます。

ヴォーン・ウィリアムズ《チューバ協奏曲》のための研究ガイド

今まで執筆したものの一覧はこちら