02/18 OTTAVAサロンコンサート


パリ留学時代に大変お世話になったピアニスト、本田聖嗣さんにお誘いいただいて、渋谷区南平台にあるミュージックサロンエスプリでサロンコンサートを行います。最初に定番であるレイフ・ヴォーン=ウィリアムズの協奏曲を、というオーダーでしたので、この曲を中心に色々考えていたのですが、音出しをやっている間にあれよあれよとフランス歌曲が決まっていき、フランスもの(の編曲もの)とヴォーン=ウィリアムズという、私にしては非常に珍しいプログラムとなっています。
 考えてみれば、ヴォーン=ウィリアムズはなんだかんだとそれこそ毎日触っている曲だと思うのですが、人前で演奏会として演奏するのはひょっとすると帰国してからはじめて、凡そ14年ぶりかも知れません。書いていてちょっと引いてしまいましたが、高校生の時に初めて買ったチューバの楽譜がヴォーン=ウィリアムズとヒンデミットだった(というか、田舎ではそれしか売ってなかった)わけですから、ほぼ30年の付き合いのある曲なんですね。そういう長い付き合いになる曲がある、というのは不思議な気分です。未だに新しい発見もあり、難しい部分は相変わらず難しいのですが…。

OTTAVAサロンコンサート
■日時 2017年2月18日(土)
開演 15:00 (終演予定 17:00) アフターパーティー 18:00ごろまで
※終演後、希望者の方とともに、本田とゲストの方が選んだ、その日のテーマに合わせたお酒とともに、アフターパーティを開催します(事前予約制)。
■会場 ミュージックサロンエスプリ
東京都渋谷区南平台町17-6 SVAX南平台ビル3階
■出演 本田聖嗣 (ナビゲーション、ピアノ)
[ゲスト] 橋本晋哉(チューバ奏者・セルパン奏者)
■参加費 ¥3,500 (演奏会のみ)
¥5,000 (演奏会+アフターパーティ)
¥4,500 (演奏会+アフターパーティ、OTTAVAスポンサーシップ割引き)
 スポンサーシップ会員割引きは、ご本人に限らせていただきます。
 当日、必ずカードをご持参ください。
■申し込み 事前予約制(定員70名様)https://ottava.jp/salon/form2.htmlにて。

予定プログラム:
クロード・ドビュッシー「風変わりなラヴィーヌ将軍」(チューバ、ピアノ)
カミーユ・サン=サーンス:「象」(チューバ、ピアノ)
フランシス・プーランク:「当たりくじ FP178」より(チューバ、ピアノ)
エリック・サティ:「エレジー」「ブロンズの彫像」(セルパン、ピアノ)
—————-
フランソワ・チュリエ:「反逆」(チューバ)
モーリス・ラヴェル:「ハバネラ形式の小品」(チューバ、ピアノ)
レイフ・ヴォーン=ウィリアムズ:「チューバ協奏曲」(チューバ、ピアノ)

(2月20日追記)アンコールは
フランシス・プーランク:「愛の小径」(チューバ、ピアノ)
でした。