カテゴリー別アーカイブ: セルパン通信

レビュー:ピエール・リボさんのセルパン

IMG_1487まさに来週来日するピエール・リボさんですが、半年前に個人的に発注した新しいセルパンも完成してナイスなタイミングで送られてきました。今回はテンションも高まって購入一日目のレビューをお届けします。

航空便での個人輸入ですのでどういう形で送られてくるかと思っていましたが、思いのほかごつい木箱が。
IMG_1489中は発泡スチロールとエアキャップでこのように梱包されています(このケース、空輸には必須だが保管するかどうかで非常に迷っている)。
IMG_1490ソフトケース。
IMG_1491開けるとこのような感じ。クルークは今回440Hzと415Hzの二種類を注文しました。
IMG_1492ジャーン。木の材質は楓、そして(色々悩んだのですが)今回はBナチュラルキー、C#キー、F#キーを付けてもらいました。この写真では上からF#キー、C#キーの二つが見えてます。
IMG_1496新旧揃って(上が新しいほう)。遠近的に見えるかもしれませんが、古いほうに比べて新しいほうは若干小さいですね。ベルから見てみると厚さもリボさんのモデルの方が凄く薄いです。
IMG_1499本体裏にあるBナチュラルキー。今回の3つのキーは全てクローズド・キーです(押さえると穴が開く)。因みに嬉しすぎて次の日まで正しいフィンガリングに気が付かず「????」だったが、判ってみるとやはりとても吹きやすい。
IMG_1500F#キー。
IMG_1501C#キー。今まで吹いていたポジションだと押さえるのに若干コツが必要な感じ。この2つは予想以上の便利さ。この2つの音は音域と音量によって「どうにもならない」時がしばしばあるのだが、しっかりと安定している。
というわけで現在浮かれまくっているわけですが、実際に吹いてみるとやはり本来のセルパンは「音程を自分でしっかり作って演奏する」ことがとても大事である点は相変わらず。というかそれが上手くいっているときに上のキーがとても使い出がある、という印象です。一日ごとになじんでいく感じの落差が今の金管楽器ともだいぶ違う感触で、暫く「慣らし運転」の日々が続きます。

11/14 第2回セルパン体験ワークショップ

第二回セルパン体験ワークショップ
楽器製作家ピエール・リボさんを迎えて

2015年1114日(土)15時(14時半開場)
スタジオ1619
〒176-0002 練馬区桜台1-27-1
tel:03-3948-1619
西武池袋線「江古田」(徒歩6分)または西武有楽町線「新桜台」(徒歩1分)

聴講料:1,000円

すでにフェイスブックやツイッターでお知らせしていますが、第二回セルパン体験ワークショップはベルギーの楽器製作家ピエール・リボ Pierre Riboさんをお迎えします。リボさんは日本はもとより海外でも数少ないセルパンの製作家で、彼の製作した楽器は多くのセルパン奏者から高い評価を得ています。今回は資料を交えてセルパンの歴史と、特にその製法について詳しくお話しいただきます。もちろん彼の製作した楽器(セルパン・デグリース)もお試しいただけます。3つのキーがついたセルパンを日本で演奏できる機会は恐らく最初ではないかと思います。この楽器の興味のある皆さん、そして楽器製作に興味のある皆さんにオススメします!

お問い合わせ:
コンタクトフォームで承っています。
フェイスブックでのイベントページはこちら

8/6 ダグラス・ヨーさんのコンサート

8月6日、今年20周年を迎える、浜松市楽器博物館でのダグラス・ヨーさんのコンサート「あなたの知らない金管古楽器の世界」を聴きに行ってきました。セルパン系統の楽器の音は吹いたり、聞いたりしたことは勿論あるのですが、ビュッサンやショルダーサクソルン、6バルブ7ベルトロンボーンなどを実際に耳に出来て(しかも、超一流の奏者で!!)実に幸せでした。日帰りでしたが、勿論鰻も堪能。

アカデミーコンサートが6日におわりました。ふだんは博物館で眠っている楽器たちが、無理やり?起こされて、活躍した頃の音を出してくれました。博物館開館時からヨーさんと温めてきた企画が、20年目にやっと実現しました。アカデミー関係者の皆様、ヨーさん、そして楽器たち、ありがとうございました。(7ベルの楽器と細い竜ベルトロンボーンは現代のレプリカです)

Posted by 浜松市楽器博物館 on 2015年8月8日

セルパン購入事情2015

時折セルパンの購入方法について尋ねられることがあるので、一度まとめてみます。
まずセルパンを手に入れる場合、オリジナルとコピーのどちらかという選択肢があります。オリジナルと言うのは19世紀当時に使用されていたもので、海外の古楽器商や、時折ネットオークションで出てくることがあります。セルパンは16世紀終わりくらいから使われている楽器ですが、オリジナルとして出てくる楽器はほぼ19世紀のものです。一時期はよく見かけたのですが、最近は少しずつ減ってきている模様。材質が木ですので、状態によってはリストアに手間と費用が(とても)かかる場合があります。
一方コピーと言うのは楽器博物館に所蔵されているような楽器からサイズを測って、現在の工房で同じ製法で再現したもの。セルパンを制作していると思われる工房は以下の幾つかのものが見られます。思われる、というのはネット上で注文が可能な状態にあるということで、実際には問い合わせが必要です。価格もネット上に掲載されているものを参考にしていますので、これに諸手数料や税金がかかることをご承知ください。また、ネット注文の場合当然ながら試奏をすることが出来ないというデメリットもあります。日本円表示は2015年7月のものです。

クリストファー・モンク Christopher Monk Instruments
イギリスの老舗。テナーからアナコンダ(凄くでっかい奴)までカタログに載っています。メインのモデルは2560ポンド(およそ50万円)。古くからあるメーカーで、一時期はここのコピーか、さもなければオリジナルという状況でした。(追記)日本ではギタルラ社が輸入取扱しています。サイトのコルネットのページの下段にサーペント(バスC)とあり、価格は2016年1月現在で¥516,000 (本体価格)+税となっています。

ダヴィッド・ハーディング David Harding
イギリス。レジン製のコピー。The Early Music Shop (EMS)という、ネット上の古楽器販売サイトから注文が可能。1250ポンド(およそ25万円)と木製のものに比べてややお手軽な値段。

ステファン・ベルジェ Stephan Berger
スイスの新進のメーカー。木製のものとカーボンのものを扱っている。木製のものが 5500スイスフラン(およそ72万円)、カーボンのものが2400スイスフラン(31万円) 。セルパンの管の中の湿度を調整する乾燥機など、アクセサリーも充実。

ピエール・リボ Pierre Ribo
ベルギーの新進メーカー。最近はベルジェとリボのユーザーが多いように思う。木製のものを扱っている。サイトには製品の情報はあまりないが、コンタクトを取るとカタログをメールで送ってくれる。現在ネロ楽器さんで試奏が出来るのはここのモデル(追記:2015年11月で試奏は終了しました)。

カイザー・サーペント The Kaiser Serpents
アメリカ。ファイバーグラスのセルパンを制作している。本体価格830ドル(凡そ10万円)と既存のコピーの中で破格の安さ。しかしながらサイトの情報によると、最近は制作のペースが鈍化している模様。

ご質問はコンタクトからどうぞ。

セルパンが試奏できます。

追記:2015年11月で試奏は終了しています。
もうご存知の方もいらっしゃるとおもいますが、渋谷のネロ楽器さんでセルパンが試奏できるということで行ってきました。
置いてある楽器はベルギーの工房ピエール・リボ Pierre Riboさんのもので、6穴の教会セルパンという、一番オーソドックスな形となっています。吹いた感じでは非常に軽いレスポンスで、音程を取るのが難しいセルパンですが、これは比較的楽にそれぞれの音程を得ることが出来ます。暫くは店頭に置いてあるということですので、まずは興味あるという方は伺ってみては如何でしょうか?

かつて教会音楽などでも使用され、メンデルスゾーンの作品の中でも有名なセルパンが入荷しております。ベルギーより届いたこのセルパンですが、伝統的な製法で、かつ非常に丁寧につくられております☆店頭にて試奏いただけます。ご注文も受付中です!!お問い合わせはこちらまで。TEL:03-3400-7466Mail:nero@yo.rim.or.jp皆様のご来店・お問い合わせお待ちしております!

Posted by Nero Music Co.,Ltd. on 2015年6月10日

05/13ラジオ出演

文化放送「大竹まことゴールデンラジオ!」の中で「レア楽器フェスティバル」という特集が組まれて、セルパンで出演させていただきました。

念願の「ジングルを楽器で吹く」が叶って嬉しい!
最後に演奏した曲は、グレゴリオ聖歌の「今日キリストがお生まれになった(Hodie Christus natus est)」でした。
収録後は隣の世界貿易センタービルディングの展望台へ。平日ということもあってか、とっても空いていて、ゆっくりできました。お勧め。

01/08 東京ウィンド・シンフォニカ第4回演奏会

今年一つ目のコンサート。東京ウィンド・シンフォニカのニューイヤーコンサートに出演します。今回も渋いプログラムですが、M.ハイドンの「トルコ行進曲」とベートーヴェンの「軍隊行進曲」にセルパンで参加しています。ベートーヴェンはしっかりとオリジナルにセルパンが入っている編成で(ハイドンは今回の編曲で入れてもらっています)、普段コントラファゴットのパートと同じ動きをすることの多いセルパンパートなのですが、ここではファゴット-コントラファゴット、トロンボーン-セルパンという組み分けがされていて、興味深いところです。

12/26 アンサンブル室町終了

今年の年末は今までにないほどセルパンの演奏でお声をかけていただきました。その締めくくりが12月26日のアンサンブル室町第10回公演でした。今までは一聴衆として演奏会に足を運んでいたのですが、今回舞台にご一緒させていただくことになって、普段接することの少ない楽器の方の演奏を間近で拝見し得難い経験をさせていただきました。昼夜二公演ともに満員御礼!
古楽器と邦楽器のアンサンブルで現代音楽をやる、ということでその難しさは色々とあると思うのですが、今回の委嘱作曲家の方々の曲を通して、何かしらこのアンサンブルならではという響きがあるのでは、という方向性を強く感じました。

コントラポント・クリスマスコンサート終了

コントラポントのクリスマスコンサート終了しました。お越しくださったお客さま、共演者の皆さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。今回は合唱、オルガン、リコーダー、セルパンという(セルパンが入っている故に、ですが)変わった編成でした。グレゴリオ聖歌の単声とのユニゾン、無伴奏の合唱、伴奏つきの合唱など、色々な編成でセルパンを使っていただいて、大変良い経験になりました。
 特にグレゴリオ聖歌の伴奏については、よくセルパンについて「元々は教会で単旋律聖歌の伴奏に使われ……」というお決まりの説明があるわりには、中々聴いたり参加したりする機会がなく、また当時どのように行われていたのかについては、まだまだ判っていないことの多い分野です(最近少しずつ研究が発表されています)。今回は冒頭の一曲をセルパンとユニゾンで演奏させてもらったのですが、最初に合わせた時に、「むむむっ!」と唸るほどに、男声との組み合わせがしっくりするもので、17世紀の色々な文献で述べられていることを体感できたとても嬉しい演奏会でした。

グレゴリオ聖歌「今日キリストがお生まれになった」

12/21コントラポント・クリスマスコンサートの記事でもお伝えしましたが、今回のプログラムで演奏予定のグレゴリオ聖歌「今日キリストがお生まれになった」の、コントラポントによる演奏です。当日はセルパンも入ります。