カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

出演情報(随時更新)

03/10 低音デュオ第9回演奏会終演

年中の大きなイベントの一つである低音デュオの演奏会が無事終了しました。ご来場いただいた皆様、支えて下さった皆様、ありがとうございました。低音デュオは今年で結成10周年、演奏会は第9回ということで、来年は結成11周年、第10回演奏会となります。本来区切る部分がなんとも中途半端になっていて、やっている我々としてもなんとも歯切れの悪い感じではあるのですが、そこは持ち味として淡々と回を重ねていければと思っています。今回は楽器を構えたままぐるぐると椅子に座りながら回転したり、お互いの音を電気的に遅れて聞こえるように細工したりする必要があって、随分と荷物が大掛かりになりました。後これにC管とミュートがつけば完全フル装備状態ですが、ちょっとそういう状態は想像したくないですね。次回もご期待に沿えるよう、色々な準備は既に始まっています。今後とも低音デュオをよろしくお願い致します。

3/10来場御礼

06/10 現代音楽ワークショップ@山口

山口県下関市の名陵中学校にて、低音デュオとして図形楽譜を用いた現代音楽ワークショップを行いました。
45分という短い時間の枠の中でしたが、生徒さんたちにケージの楽譜などを参考に色々と線を書いてもらったのですが、線の種類や形など、本当に表情豊かでバリエーションに富んでいて、こちらが色々と学ばせてもらうことも多い機会でした。

06/10 現代音楽ワークショップ@山口

02/27 セルパンワークショップ@エリザベト音楽大学

月末に急遽広島でセルパンのワークショップを開催させていただくことになりました。楽器の構造や歴史、用法などをお話ししてデモ演奏、参加者の皆さんにも楽器を試奏していただく時間を可能な限り設ける予定です(楽器と写メも可)。

エリザベト音楽大学特別公開講座
「フランスの古楽器セルパン」
2016年2月27日(土曜日)
16:00〜18:00(開場15:45)
エリザベト音楽大学 224号教室
参加はどなたでも可能です。
入場無料
当日はセルパンを試奏できます。

02/13 「プロデューサーの部屋」出演その2

衛星デジタルラジオ「ミュージックバード」の番組、平井洋さんの「プロデューサーの部屋」の2週目。今回はライブ録音も含めて4つの音源を取り上げて頂きました。番組内セットリストはこちら(ただし2週間後には次番組の内容に替わっています)。 続きを読む

02/06 「プロデューサーの部屋」出演その1

衛星デジタルラジオ「ミュージックバード」の番組、平井洋さんの「プロデューサーの部屋」に2週にわたってお邪魔しました。この番組は18:00から22:00、なんと4時間にわたっての放送で、オススメのアルバムも一枚丸々たっぷり放送していただけるということで、第一週である2月6日は僕が大きな影響を受けたディスクを時系列的に採り上げていただきました。番組内でもたっぷりとお話しさせていただきましたが、こちらでもセットリストを掲載して、少し補足をしたいと思います。この回は、主にチューバという楽器の独奏楽器としての魅力について、チューバ奏者以外の方に興味を持っていただければと思って選びました。
番組内セットリストはこちら(ただし2週間後には次番組の内容に替わっています)。 続きを読む

01/23 東京現音計画#06 in 愛知、演奏参加者募集中!

新年あけましておめでとうございます。
2016年も開始早々中々の難曲揃いですが、1月23日土曜日には現代音楽ユニット「東京現音計画」で愛知県にお邪魔します。
演奏曲目は今までに演奏したレパートリーから選りすぐった7曲。
そのプログラム中の杉山洋一《五重奏(アフリカからの最後のインタヴュー)》で、演奏に参加してくださる方を募集しています。演奏、と言ってもあるタイミングでライトをON,OFFするというシンプルなものですから、楽器や、楽譜の知識は必要ありません。開場30分前(14:00)に会場に来て、簡単なリハーサルに参加できる方、ご連絡ください。
連絡先:nayac@mc.point.ne.jp(福永)

演奏会の詳細は
東京現音計画のサイト内お知らせ、または下記facebookのイベントページをご覧ください。

11/14 第2回セルパン体験ワークショップ

第二回セルパン体験ワークショップ
楽器製作家ピエール・リボさんを迎えて

2015年1114日(土)15時(14時半開場)
スタジオ1619
〒176-0002 練馬区桜台1-27-1
tel:03-3948-1619
西武池袋線「江古田」(徒歩6分)または西武有楽町線「新桜台」(徒歩1分)

聴講料:1,000円

すでにフェイスブックやツイッターでお知らせしていますが、第二回セルパン体験ワークショップはベルギーの楽器製作家ピエール・リボ Pierre Riboさんをお迎えします。リボさんは日本はもとより海外でも数少ないセルパンの製作家で、彼の製作した楽器は多くのセルパン奏者から高い評価を得ています。今回は資料を交えてセルパンの歴史と、特にその製法について詳しくお話しいただきます。もちろん彼の製作した楽器(セルパン・デグリース)もお試しいただけます。3つのキーがついたセルパンを日本で演奏できる機会は恐らく最初ではないかと思います。この楽器の興味のある皆さん、そして楽器製作に興味のある皆さんにオススメします!

お問い合わせ:
コンタクトフォームで承っています。
フェイスブックでのイベントページはこちら

川上統《羅鱶》(2013)

東京現音計画のyoutubeサイトに昨年演奏した川上統さんの《羅鱶》がアップされました。バリトンサックス、チューバとライブエレクトロニクスによる作品です。